宿題

13日、14日は大学入試センター試験ですね。昨日は−4℃、今日は−3℃。雪国の御信者さんを思えば大したことないですがそれでも寒い朝でした。

大雪の予報でしっかりと受験できない方もいらっしゃるかもしれません。ご信者で受験生の子もいるので、他人事ではありません。受験生のみなさんがこれまで積み重ねてきた努力の成果が発揮できるように祈るばかりです。

最近、投稿がまちまちになってしまいがちです。反省、、、改良します。

先日は本当に陰に陽に支えてくださっていた、大切な大切な今達さんのお通夜、お葬式にお参詣しお別れをさせていただきました。

なぜこんなにも素晴らしい方が急ぐようにして寂光に変えられるのか。長松お導師のブログにあったように大きな大きな宿題をいただいているように思います。

本庁での会議があり最後までお参詣させていただくことができませんでしたが、一九子さんの最期のご挨拶が本当に素晴らしかったと聞きました。

最愛のお孫さんたちがおじいちゃんのためにご回向のお導師したいと申し出たと聞きました。以前、京都布教区で開催した合宿でお導師をした時のことを覚えてくれていたそうです。彼らの姿や声、御題目の声を聞くと涙がでて仕方がありませんが、今達さんが残してくださった誇り、宝物に違いありません。

11日は風邪気味で帰ってから寝込んでしまいましたが12日の朝の弘通誓願式にはお参詣させていただくことができました。妙福寺は今年が創建120年の節目。本当に大きな節目を迎えています。2020年には先住日操上人の御23回忌を迎えます。報恩のご奉公と一言で言っても軽くなっていないか、本当に喜んでいただけるようなご奉公なのか?自問自答はつきません。これまで御法を護持御弘通されてきた先師先輩御信者方の志に思いをはせ、新しい時代に受け継ぎ伝えられるように今年は丁寧に見直しと改良のご奉公をすすめます。先師先輩からの大きな宿題。昔から宿題は駆け込みギリギリ派なのでそうならないようにしたいと思います。

これから大事な面談、丁寧にお話を伺って御回向をさせていただきたいと思います。

コメント