妙深寺門祖会・日博上人御五十回忌

妙深寺門祖会・日博上人御五十回忌にお参詣させていただくため横浜に来ています。妙深寺門祖会でも、地震災害終息、亡くなられた方の追悼の言上がありました。

連日の熊本の地震の報道。みなさんの無事を心からお祈りいたします。

支援、避難の情報も飛び交っていますが、どうか迅速に、適切に支援が行き届きますように、お願いいたします。

宗務本庁でも災害対策室が立ち上がり、迅速的確な支援活動のための情報収集を続けられています。動きがとれずもどかしい思いがありますが、いま自分ができる精一杯をさせていただきます。

日博上人御五十回忌。命を削って妙法弘通に捧げられた大御導師。お会いしたことはありませんが、憧れの、眩しすぎるほどの存在。佛立教務として、孫のひとりとしてご奉公させていただいて、あまりの至らなさに申し訳なく、恥ずかしい気持ちでした。

妙深寺教講のご奉公、新たに言上された誓願。

本物の佛立菩薩道、不屈の佛立根性。

胸に刻んで、恥ずかしくないご奉公をさせていただくしかありません。

佛立教務としてのアイデンティティ、DNAを再確認しました。いま必要なことだったと思います。

今日は本当にありがとうございました。

コメント