かわいい子には旅をさせよう!

今日から松本御導師がブラジルに向かわれました。ブラジル御講有巡教にあわせて、ブラジル教区のご奉公を少しでも応援させていただきたいと行かれることになりました。

今回、ブラジル教区の70歳を超えた御講師 秋山教開師が数年前にサンパウロ市内に道場を開き、さらにお寺としてスタートされるということ。松本御導師が、前海外部長時代に、教開師が絶対にお寺にします、その時は御導師来てくださいね、と約束をされていました。

この約束を見事に果たされた、お寺されるということですから、何としても行かせていただこうということで渡伯されることとなりました。団参とは別の日程になりますが、一足先に日本を出発されました。

これに奥様も同行し、さらに娘のカレンも行くことになりました。鈴木英信師の奥様、エリカさんは妙福寺で2年間滞在し、その間にノブエちゃんを出産。カレンも7歳で早いとは思ったのですが彼女が5歳からずっとノブエに会いに行く、と言って聞かないので、行ってみないとどんなところかわからないなと行かせることにしました。

見たこと、聞いたこと、場所、時間、人、すべての出会い、出来事を全身で感じてもらいたいと思います。

とにかく、はじめて飛行機、はじめての海外、はじめて両親から離れての旅。かわいい子には、旅をさせよ。無事を祈っています。

そして、今は、祇園祭の真っ只中、蛸薬師の誕生寺さまで、本門佛立宗、京都佛立ミュージアムの広報活動にやってきました。九州から登光師も紙芝居にかけつけてくださっています。

コメント